TOP
  • 毎年、何にしようかと迷います。
    幼い時は、母の日に、何を送ったのだろうか?記憶がない!
    カーネーションとか、プレゼントしていたんでしょうか?

    大人になってからは、もっともたくさん送ったのは、バッグだったような気がします。
    5個ぐらいは、送っています。それも、ほとんどが夏用バッグです。
    母の日は、5月だから仕方ないね。
    夏のバッグが、新鮮にみえるので、ついつい買ってしまいます。

    それから、鉢花です。
    母は、カーネーションより、クレマチスが好きですので、送った記憶があります。
    その時、母は、あまり喜びませんでした。
    なぜか?
    それは、小さい苗を自分で購入して、大きくしたかったという事だそうです。
    送った物が、大きすぎたようです。(笑) 

    その後、母の日に私は、鉢花を送ることを辞めました。
    母の楽しみをとってはいけませんからね。
    母に送るのは、生花にすることにしました。

    母は、花を貰うより人に送る方が好きなようです。
    私によく買ってくれます。
    その時の言葉が、決まっています。
    “花を飾れないような家は、ダメだよ。”ということを、いつも言います。

    さー、今年は母の日は、何を送りましょうか?
    洋服も、ダメだね。
    好みがあるし、バッグは、たくさん持っているしね。
    花は、自分が育てたい人ですしね。

    食事は、あまりたくさん食べないから、喜ばないし・・・・・。
    ホント、困ってしまいます。
    ということで、去年は、プレゼントなしでしたね。
    でも、やっぱりあげたいと思っています。

    今、考えつく物は、母の家の電話機が古いので、新しい物をプレゼントしようと思っています。
    本人が喜ぶかどうかは別として、今後買い替える必要のあるものをプレゼントすれば、無駄がないかなーと、思いつつも、夢が無さ過ぎるかなーとも、思ったりしています。
    それとも、高級なお菓子をお取り寄せしても、いいとも考え始めています。
    母とともにお茶して、おしゃべりしてあげることが親孝行かも知れませんね。

    私の母は、これが一番喜びそうです。

    特に、いっしょに住んでない場合は、母の日ぐらいは実家にとびっきりおいしいお菓子を持って、出かけるのも悪くないです。

    母の日のプレゼントは、高額で大きなものは、上位に上がっていませんが、
    実は、お母さん方の願望として、一番今欲しいのは?って聞かれたら、なんと、太陽光発電って言う声がチラホラあったんですって!

    こればかりは、旦那さんが一生懸命頑張って、奥さんが楽になる様に買って上げられるものですが、
    それ以外の人からプレゼントされる事はあまりないでしょうね。
    いたとしても、お金にゆとりがある両親ぐらいかな。
    太陽光発電って、300万円ぐらい要るって聞きましたから。

    価格もずいぶん安く買えるようになったので、現在では、太陽光発電ももっと安く買えると思うんですが、私でも太陽光発電はいただけたら、そりゃうれしいですよ!
    母の日にあげる事が出来るには、宝くじに大当たりしないと無理かな。
    だって、自分ももってないんですよ。

    オール電化の太陽光発電機搭載、新築の家。
    うらやましいな~。

    今、田んぼや畑や空き地が、すごいスピードで太陽光発電が屋根の上についた新築の家があちこちに建ってきて、5年、10年前までの風景とはずいぶん変わってきています。

    これからも、どんどん 太陽光発電機付きの新築の家が増えていって、このあたりは、住宅町になるんだろうな。





新着情報
  • 喜びそうなプレゼントの紹介です♪

    いつも自分に自信がなくて何に対してもびくびくしている弟。自分で何事も決めると言う事をしてこなかったせいか成人した今でも非常に臆病な性格になってしまいました。自分では生活に支障は出ていないしいざとなれば自分で決められるよと意気込んでいますが、長年共に暮らしてきた私から言わせてもらえばこんな弱虫社会じゃ相手にされないんじゃないとか心配で仕方ありません。さらに弟は太陽光発電 大阪のような会社に就職したいなんてことを言っているのですが人見知りで自分に自信がないような人間がもっともなってはいけない職業じゃありませんか!?それを聞いた時に無理無理と思わずとっさに発言してしまった事を今だに悔やんでいます。それ以来弟は私を見返してやると1人暮らしを始めがむしゃらに毎日一生懸命バイトをしながら大学に通っているという話を母から聞いたのですが、私がそんな事を言ってしまったので母に余計な心配をかける事になってしまったのだと落ち込んでしまいました。しかしそれを見て母は何をいっていると、お姉ちゃんがああいってくれなかったらきっと弟はあのまま育って結婚してパパになっても情けないパパになる所だったのよ、それに今のあの子はとても輝いて見えるといわれ少し安心しました。私が家から追い出したみたいになっているのでとても罪悪感を感じていたのです。

    歯がかゆいとは一体どんな状態の事を言うのでしょうか。私が一番不安に思っているのは歯がかゆくてガシガシと乱暴に歯を磨いてしまう事です。うちの子が特にそうなんですが、面倒だからといって一瞬にして歯磨きを終わらせてしまうのが最近多くて困っています。矯正歯科 福井でもきっとこんな適当に磨くのはいけないと注意を受けるレベルだと思います。親の私がしっかりと分からせてあげないとダメなんですが、なかなか聞き分けのよくない子で毎日大変です。歯医者さんに連れて行ったばっかりで特に虫歯もなく問題ないはずなんですが、歯がかゆいからといってたまに血が出るまで強く擦るときがあるので、そうゆう時は流石に注意しています。それを母親に話したら私が小さい頃も歯磨きは雑でよく血が出ていたと話してきたのでこの磨き方は遺伝なのかと少し残念に思ってしまいました。こんなにも悪い所が似てしまうなんて思ってもいなくてあんたはうちによく似てんねとよく小突き合っています。笑い話ですむこともあれば今回の歯磨きのように直さないといけない癖が出てくると親としてしっかり注意をするのですが素直に聞いてくれるときの方が少ないです。小学生に上がる頃には学校で磨く習慣があると思うし、入学する前には正しい磨き方を覚えさせたいです。

    【メンタルクリニック選びは口コミが便利】 メンタルクリニックを選ぶならやはり口コミをチェックしてから、という方は多いようです。ではどのようなことをポイントにチェックするでしょうか。例えばメンタルクリニックですから痛くないところがいい、といっても整形外科じゃないんだから、などと言われてしまいます。まず医師がどんな人柄かが気になるかもしれません、医師との相性が悪ければコミュニケーションも捗らず、始終医者任せの治療になってしまいがちです。場合によっては医師からとは思えないようなことを言われ続けてショックに陥り、それ以来自宅で療養するしかなくなった、などという例もありますから、やはり何でも聞いてくれて理解してくれる、というのは大きなポイントですね。もちろんそんなメンタルクリニックもたくさんあるはずですし、逆に口コミではいい医者だ、と言われているところでも実際は相性がまずいケースもあるでしょう。まずクリニックはいくらでもあるような時代ですし、相性がマッチするところを選ぶまで梯子していくことも大切です。他には症例数が多いとか、自分と同じような症状の人が多くかかっている、などもポイントです。医師が若い、開業したてだった、などという例もやはりアンバランスになりがちです。